欠損補綴(歯のない所を補うもの)

欠損補綴(歯のない所を補うもの)

インプラント

失った歯をとり戻す「インプラント」歯がなくなった所の骨に人工歯根(インプラント)を植え、その上に人工の歯を作る方法です。隣の歯をまったく削ることなくご自身の歯と同様に噛めるようになります。入れ歯のような不快感、不安定感もなく、見た目も自然な仕上がりです。

当院では、40年以上の歴史と優れた臨床実績のあるノーベルバイオケア社の製品を導入しておりますのでご安心下さい。
また、上アゴの奥歯等骨の薄い場所にも対応できるようなインプラント(Zimmer社:スプラインHAインプラント)も導入しています。



インプラント

インプラント治療で大切なことは、治療を終えた後に常に口の中を清潔に保つために、継続的に歯科医院で定期検診を受けることです。

せっかくインプラント治療を受けても、そのまま放置していたら治療したことが無駄になってしまいます。インプラント治療の成功の秘訣は、治療後のメインテナンスにあります。普段のケアはもちろんのこと、歯科医院で定期検診を受けて「一生涯のインプラント」を実現させましょう。

義歯(入れ歯)

入れ歯についてはお悩みの方が多いと思います。
「痛い」「咬めない」「合わない」「外れやすい」等の悩みを一緒に解決していきましょう。
些細なことでもぜひご相談ください。

部分入れ歯 全部入れ歯

そうはいっても、人それぞれ歯を失った場所や歯のない場所の歯ぐきの状態は全く異なりますので、各々に合った設計をしてできるだけ快適に使える義歯を作るよう心がけています。

なお、新しい義歯を作って欲しいという希望がある場合は、以前使っていた義歯ないしは現在使っている義歯を必ず持参して下さい(新しい義歯を作る上で一番参考に  なります)。

入れ歯を使うにあたって一番大切なことは、「入れ歯と仲良くなること」です。ちゃんとお手入れをして使い続けることです。

すると、きっと早く入れ歯から馴染んでくれます。そして、残っている歯を長く守っていくことができるのです。


ブリッジ

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を支えの歯(支台歯)として使い、橋渡しにして固定する方法です。具体的には、支えの歯を削って失った歯の部分は人工のダミーの歯でつなげてかぶせます。

ブリッジ

固定式なので、違和感は少なく過ごせて義歯のような煩わしさはないのですが、健全な歯を大きく削って支えにしなければなりません。そして、支えの歯は失った歯の分も余分な力を受け、失った歯の部分は汚れがたまりやすいので早期に失う可能性があります。

そういった意味では、入れ歯よりもリスクの高い治療法なのかもしれません。


3DR

3DRとは、The Third Dental Restoration(第3の補綴)の略で、従来の義歯ともインプラントとも全く異なる概念の補綴物です。

3DR

歯や骨を削ることなく、できるだけ多くの残存歯を装置でつかみ、欠損部(歯のない所)に加わる咬合圧(噛む力)を分散させる補綴物です。

奥歯を失って、
「ブリッジが不可能になったけれども入れ歯はどうしても入れたくない」
「入れ歯じゃ噛めないけど、インプラント治療には抵抗がある」 
という方に最適な補綴物です。

※歯の並びや、歯の失った本数によっては適応ができませんので、まずはご相談下さい。


ページトップへ